意地悪な心理的背景に触れてみる

誰でも、仕事をしたり学校に行ったりする以上は、そこにいる大勢の人とコミュニケーションをとらなければなりません。
しかし、そこにいるすべての人が優しかったり自分と相性が良いことばかりでは、ないものですよね。
時には、なぜか自分のことばかりを攻撃してくるような、「意地悪」な人と当たってしまうようなこともあります。

意地悪な人は、特にこちらから何かをしたという覚えもないのに、何かと突っかかってきては悪口を言って来たり、嫌な行動をとってきます。
その環境の中で、意地悪な人ともやっていかなければならない、というのはとても体力的にも精神的にもつらいことです。
では、そんな意地悪な人はなぜ、自分に対してだけ意地悪な行動をとってくるのでしょうか。
やはり何かをするには理由がありますし、そんな意地悪な行動の裏にも、その人にとっての理由があるのです。

意地悪なことを言われてしまうと、つい精神的にストレスを感じたり、我慢できなくなって言い返してしまうかもしれません。
その前に少し落ち着いて、意地悪な人が何を求めてそんな行動や言動をしているのか、冷静に考えてみましょう。
もしかしたら、言い返したり落ち込んで黙っていることこそが、意地悪な人が求めている最高の反応かもしれません。

意地悪な人と当たってしまったら、誰でも「意地悪をやめてほしい」「どうして自分だけ」と思うことでしょう。
そんなときこそ、意地悪な人のタイプや行動、意地悪の裏にある心理的理由を知ることで、少し心理的に余裕ができるのではないかと思います。
もしかしたら、意地悪な人の思わぬ弱点を、そこから見つけることができるかもしれません。
意地悪な人に限って、実はそんなに能力がなかったり、そのことを隠そうとして意地悪をしているかもしれません。

誰でも嫌なことを言われれば頭にきますし、それを黙ってやりすごすことは難しいことです。
しかし、そうやって落ち込んだり言い返して、そのコミュニティの中で居づらくなることこそが、意地悪な人の求めていることだとしたらどうでしょうか。
そんな風に意地悪な人の思う通りに動いてしまっているのが、悔しくなってきますよね。

意地悪な人に意地悪なことを言われても、怒ったり落ち込むよりも先にまずは、苛立ちをいったん忘れて相手を観察してみましょう。
そんな意地悪な人の観察の参考になるような、意地悪な人の特徴や心理的背景にも少し触れながら、「意地悪」について考えていきましょう。